CRAに転職したいと考え始めたら

転職を考えるタイミングとその理由と言うのは人それぞれだと思います。

希望年収に届かない、業務内容が想像していたものと違かった、たまたま希望にマッチした求人情報を見つけた…本当に転職事情はまさに十人十色と言えます。

CRA業界でも転職希望者は増加傾向です。

※Check⇒CRAの求人が熱い

メディカル関係のお仕事は、資格は業務経験があればあるほど転職成功の可能性が広がります。

また年収アップのためにさらなるキャリアアップを積みたいと高い志を持つ転職者が多いのも医療業界の特徴ですね。

製薬企業が絶えず募集していると言ってもいい職種名に臨床開発モニターと言うものがあります。

いわゆるCRAは、医療機関や臨床開発現場では引っ張りだこな職種です。

新薬を世に送り出す前の、治験は、国内製薬会社をはじめ各医療業界で日々行われています。

治験コーディネーターとして、研究開発に携わり、新薬を待ち望んでいる患者さんのニーズに答えるというのは研究者冥利に尽きますね。

やはりCRA求人に応募するためにはCRA経験がないとだめなのでしょうか。

転職情報を見ていると、まったく違う業界から飛び込む未経験者よりも、やはり何かしらの経験者が求められる傾向がありますね。

とくに経験CRA求人情報なんかは、業務経験者優遇とはっきり明記されているのも多いですし、その分年収や待遇も、未経験可能な求人情報よりも魅力的であることが多いです。

もちろんすべてのCRA求人が経験者のみと言うわけではないので、経験がないからと言って諦める必要はありません。